コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワールド・アート ワールド・アートworld art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワールド・アート
world art

西欧世界の芸術,あるいはそれを西欧世界の芸術と同等のレベルと視点で見ようとする状況。音楽世界での「ワールド・ミュージック」という言葉の浸透に伴って美術面でも使われ出した。具体的には,1989年,パリのポンピドゥー・センターで行なわれた「大地の魔術師」という展覧会で確立された。西欧の現代美術と第三世界の民俗工芸を同等に並べたこの展示は議論を呼んだが,この概念そのものは 90年代の美術を語るに無視できないものとなるだろう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワールド・アートの関連キーワードポンピドゥー

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android