ヴィクロリア デ・ロス・アンヘレス(英語表記)Victoria De Los Angeles

20世紀西洋人名事典の解説

ヴィクロリア デ・ロス・アンヘレス
Victoria De Los Angeles


1923.11.1 -
スペインのソプラノ歌手。
バルセロナ生まれ。
バルセロナ音楽院で声楽とピアノを学び、抜群の成績で半分の教程で終了した。1944年バルセロナでコンサート・デビューし、’47年ジュネーヴ国際コンクールで第一位となり、注目を浴びた。’47年に名テノール、ジーリと「マノン」で共演。その後、パリ・オペラ座で「ファウスト」のマルガレーテ、ミラノ・スカラ座で「ナクソス島アリアドネ」のヒロインでデビューに成功し、国際的名声を得た。’60年半ばからは、歌曲リサイタルに全力を傾け、スペイン近代作曲家の歌曲を得意とした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android