ヴェッセリーナ カサローヴァ(英語表記)Vesselina Kasarova

現代外国人名録2016の解説

ヴェッセリーナ カサローヴァ
Vesselina Kasarova

職業・肩書
メゾソプラノ歌手

国籍
ブルガリア

生年月日
1965年

出生地
スタラ・ザゴラ

学歴
ソフィア音楽院

受賞
国際声楽コンクール第1位〔1991年〕

経歴
4歳からピアノを弾き始め、19歳の時ソフィア音楽院で声楽に転向。1989年ドイツの声楽コンクールに優勝したのをきっかけにチューリヒで本格的に歌手デビュー。’91年「セビリアの理髪師」のロジーナ役でウィーンにデビュー。’92年ザルツブルク音楽祭でロッシーニ歌劇タンクレディ」の主役に抜擢され大成功を収める。以後、世界の一流歌劇場で活躍。ロッシーニとモーツァルトのオペラ上演には欠かせない存在になる。近年はフランスものにも意欲的で、「カルメン」「ヴェルテル」の実演やオッフェンバック名場面集の録音が絶賛される。2000年エディタ・グルベローヴァとの二重唱で初来日。2002年ボローニャ歌劇場「セビリアの理髪師」で日本でのオペラ初出演。2008年ロッシーニ「チェネレントラ」のアンジェリーナ役で新国立劇場初登場。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報