コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんでん テンデン

デジタル大辞泉の解説

てん‐でん

《「手に手に」または「手手」の音変化か》
各自。めいめい。「てんでんが好き勝手にやっている」
その人自身。自分。
「おれがことを古狸(ふるだのき)だといふけれど、―は狼(おほかめ)だあ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんでん

〔「手に手に」の転とも、「手々」の転ともいう〕
それぞれ。銘々。各自。 「寄つて集たかつて、-に…私の欠点を算かぞへ立てて/平凡 四迷
その人自身。自分自身。 「おれがことを古狸だといふけれど、-は狼だあ/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てんでんの関連キーワードてんでんばらばらてんでばらばら防災リテラシー津波てんでんこてんやわんや己が散り散りおちんちんだりむくるばらばら災害遺産すわすわ手ん手にてんでに神道四迷

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android