てんでん(読み)テンデン

デジタル大辞泉の解説

てん‐でん

《「手に手に」または「手手」の音変化か》
各自。めいめい。「てんでんが好き勝手にやっている」
その人自身。自分。
「おれがことを古狸(ふるだのき)だといふけれど、―は狼(おほかめ)だあ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんでん

〔「手に手に」の転とも、「手々」の転ともいう〕
それぞれ。銘々。各自。 「寄つて集たかつて、-に…私の欠点を算かぞへ立てて/平凡 四迷
その人自身。自分自身。 「おれがことを古狸だといふけれど、-は狼だあ/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐でん

〘名〙 (「手に手に」の変化した語というが、あるいは「手手(てで)」の転じたものか)
① それぞれ。めいめい。おのおの。ひとりびとり。各人。各自。
※謡曲・道成寺(1516頃)「すはすは動くぞ、祈れただ、引けやてんでんに」
② その人自身。自分。反射代名詞のように用いる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「おれがことを古狸だといふけれど、てんでんは狼だア」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報