銘銘(読み)メイメイ

デジタル大辞泉の解説

めい‐めい【銘銘】

《「めんめん(面面)」の音変化》ひとりひとり。それぞれ。おのおの。「銘銘が意見を述べる」「菓子を銘銘に分ける」「進路は銘銘違う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいめい【銘銘】

面面めんめんの転
それぞれ。おのおの。一人一人。各自。副詞的にも用いる。 きっぷは-で持つ 食事代は-払い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐めい【銘銘】

〘名〙 (「めんめん(面々)」の変化したもの) 一人一人別々に。各自。おのおの。
※玉塵抄(1563)三六「米を多ををさむる所にてめいめいにはかればてまひまが入るほどに」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・日本永代蔵(1688)六「人のしはきを笑ふ事は非なり。それは面々(メイメイ)の覚悟に有事なり」
[補注]室町時代までは、メンメン(面々)がこの意味を担っていたが、室町後期にメイメイが出現し、次第に取って代わられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android