銘銘(読み)めいめい

精選版 日本国語大辞典「銘銘」の解説

めい‐めい【銘銘】

〘名〙 (「めんめん(面々)」の変化したもの) 一人一人別々に。各自。おのおの。
※玉塵抄(1563)三六「米を多ををさむる所にてめいめいにはかればてまひまが入るほどに」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・日本永代蔵(1688)六「人のしはきを笑ふ事は非なり。それは面々(メイメイ)の覚悟に有事なり」
[補注]室町時代までは、メンメン(面々)がこの意味を担っていたが、室町後期にメイメイが出現し、次第に取って代わられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報