コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面面 メンメ

デジタル大辞泉の解説

めん‐め【面面】

[代]《「めんめん(面面)」の音変化》反射代名詞。自分。自分自身。
「人の口の端にもかからず、―の身も無事に納まる」〈滑・浮世床・初〉

めん‐めん【面面】

[名]おのおの。一人一人。各自。めいめい。「一座の面面
[代]二人称の人代名詞。対等または目下の多数の者に呼びかけるのに用いる。
「―は何事をし侍るぞと仰せければ」〈仮・伊曽保・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めんめ【面面】

( 代 )
〔「めんめん(面面)」の転〕
反照代名詞。自分。自分自身。 「誰が叩いた。-が叩いて置いてから/歌舞伎・桑名屋徳蔵」

めんめん【面面】

( 名 )
おのおのの人。めいめい。各自。 「出席の-と挨拶する」 「町内の-」
( 代 )
二人称。対等または目下の多数の相手に呼びかけるのに用いる。みんな。 「怪しめらるな-と、弁慶に諫められて/謡曲・安宅」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

面面の関連キーワードターボプロップ・エンジンバングウェウル湖ジェットエンジンウズベキスタンメーラレン湖西湖(中国)35ミリ判反照代名詞軸流圧縮機ムウェル湖桑名屋徳蔵人代名詞ウガンダ以心伝心ウルミエ二人称乳化剤湯ノ湖帳面面大判

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android