面面(読み)メンメ

  • おもておもて
  • めんめん
  • 面▽面

デジタル大辞泉の解説

[代]《「めんめん(面面)」の音変化》反射代名詞。自分。自分自身。
「人の口の端にもかからず、―の身も無事に納まる」〈滑・浮世床・初〉
[名]おのおの。一人一人。各自。めいめい。「一座の面面
[代]二人称の人代名詞。対等または目下の多数の者に呼びかけるのに用いる。
「―は何事をし侍るぞと仰せければ」〈仮・伊曽保・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 それぞれ。各人それぞれ。めんめん。
※蜻蛉(974頃)中「かくおもておもてに、とさまかくさまにいひなさるれど」
〘代名〙 (「めんめん(面面)(二)」の変化したもの)(反射指示) 自分。自分自身。
※浄瑠璃・壇浦兜軍記(1732)二「面々(メンメ)の夫の行方を此阿古屋に無理に知れか」
(「それぞれに」の意の和語「おもておもて」に当てた「面面」を音読みしたもの)
[1] 〘名〙 (形動)
① 一人一人別々に全部。各自。めいめい。また、そこにいる人たちや、その集団の人たち。
※平家(13C前)一二「後会其期を知らず、別の涙をおさへて面々におもむかれけん心のうち」
※申楽談儀(1430)遊楽の道「風体・ぎゃうぎはめんめんかくかくなれ共」
② それぞれの方面。各方面。
※寛斎摘草(1786)二・夏日仲温邀飲海亭「長風海気変、面面夏雲生」
[2] 〘代名〙 対称。対等の、または目下の多数の相手に呼びかけるのに用いる。みんな。みなみな。相手その人自身の意で、反射指示にも用いる。
※太平記(14C後)三「是身を全して敵を亡す計略也、面々如何計ひ給」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android