コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一人別枠方式 ヒトリベツワクホウシキ

デジタル大辞泉の解説

ひとりべつわく‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【一人別枠方式】

衆議院議員総選挙小選挙区の区割りの基準。単純に人口に比例して定数を配分するのではなく、各都道府県にまず1議席ずつ配分したうえで、残りの議席を人口に比例して配分する。
[補説]平成23年(2011)、最高裁判所は、この方式が一票の格差を広げる主要な要因になっていると指摘し、制度の廃止を求めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

一人別枠方式の関連キーワード衆議院議員総選挙議員定数訴訟最高裁判所方式格差補説

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一人別枠方式の関連情報