コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三人遣い さんにんづかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三人遣い
さんにんづかい

3人の人形遣いが1つの人形を遣う日本特有の人形操法。江戸の結城孫四郎座にも三人遣いの先駆的な例があるが,今日の方式は,享保 19 (1734) 年,竹本座で人形浄瑠璃芦屋道満大内鑑 (あしやどうまんおおうちかがみ) 』が初演されたとき,与勘平の人形に初めて用いられた。主 (おも) 遣いが人形の胴,頭,右手を,左遣いが左手を,足遣いが両足を遣って,自然で複雑な動きを見せる。三人遣いの考案により,人形浄瑠璃は一時歌舞伎をしのぐほどの隆盛をみた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんにんづかい【三人遣い】

操り人形の操法の一。一体の手遣い人形を、首かしらと右手を主遣おもづかいが、左手を左遣いが、両足を足遣いがそれぞれ担当して操作するもの。1734年、「蘆屋道満大内鑑」上演のときから行われたという。日本独特の形式。現在、文楽座に伝承されているのがその代表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三人遣いの関連キーワード吉田三郎兵衛(初代)吉田文三郎(1世)吉田文三郎(初代)竹田出雲(初代)蘆屋道満大内鑑淡路人形浄瑠璃歌舞伎(演劇)主遣い・主使い相模人形芝居桐竹門左衛門藤井小八郎手遣い人形山本飛騨掾近本九八郎江戸孫四郎阿波浄瑠璃北原人形一人遣い日本演劇義太夫節

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android