コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰松八郎兵衛 たつまつはちろべえ

6件 の用語解説(辰松八郎兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辰松八郎兵衛
たつまつはちろべえ

[生]?
[没]享保19(1734)
人形遣い人形浄瑠璃座本。元禄~享保期 (1688~1736) の女方人形遣いの名手として知られ,元禄 16 (1703) 年,竹本義太夫 (筑後掾) 演奏の『曾根崎心中』初演で,お初を出遣いで演じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たつまつ‐はちろべえ〔‐ハチロベヱ〕【辰松八郎兵衛】

[?~1734]江戸中期の人形遣い。初世。女方人形の名手。竹本義太夫と協力、近松門左衛門の「曽根崎心中」のお初などで人気を博す。のち江戸に下り、辰松座を興した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

辰松八郎兵衛

没年:享保19.5.9(1734.6.10)
生年:生年不詳
江戸前・中期,人形浄瑠璃の人形遣いの名手。出身地未詳。人形浄瑠璃竹本座に創設当初から加わり,女形人形を遣うのを得意としていたが,当時主流であった一人遣いの素朴な人形に,手妻人形,からくり人形をも併用し,付舞台での出遣いで片手人形,三つ人形,五つ人形などの妙技を見せた。人形を操る人間の身体が客席から透けて見える捩手摺を考案したり,女形人形に足を付けて遣うなど,演出や舞台機構にも終始意欲的に臨み,人形浄瑠璃の発展に寄与した。「曾根崎心中」(1703)の「観音廻り道行」におけるお初の所作は歌舞伎の女形が真似するほどの評判を取り,その後京都の歌舞伎にも客演,「用明天王職人鑑」の「鐘入りの段」の出遣いにも成功した。宝永4(1707)年には,旗揚げ後間もなく豊竹座が不振により中断していたのを初代豊竹若太夫と相座本で再興させた。正徳5(1715)年には再び竹本座で傑作「国性爺合戦」上演に加わった。享保4(1719)年江戸に下り,堺町に辰松座を創設。一子幸助ほか門人も多く,彼自身や彼の遣う女形人形の髪型が辰松風,辰松島田などと呼ばれ庶民に好まれた。「傾城八花形」「曾根崎心中」「卯月の紅葉」などの彼の舞台図や口上書きが残っている。<参考文献>『義太夫年表/近世篇1』,人形舞台研究会編『人形浄瑠璃舞台史』

(平田澄子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たつまつはちろべえ【辰松八郎兵衛】

?‐1734(享保19)
江戸初期の人形遣い。竹本座に出演してその手妻芸で早くから評判をとり,1703年(元禄16)の《曾根崎心中》〈観音めぐり〉の出遣いで不動の地位を固め,歌舞伎の座にも招かれた。06年(宝永3)江戸に下り,翌年帰坂して豊竹若太夫と豊竹座の相座本となり,正徳年間(1711‐16)また竹本座に復帰する。19年(享保4)江戸に下って葺屋町に辰松座を興し,34年病没するまで活躍した。彼は手妻人形の妙手として聞こえ,五つの人形を操り,片手で男人形を鬼,観音,もとの男人形,さらに女人形と自在に変化させたり,その至芸のほどは江戸城二の丸上覧興行に結実する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たつまつはちろうべえ【辰松八郎兵衛】

?~1734) 江戸中期の人形遣い。女方人形の名手。竹本座に出勤して「曽根崎心中」のお初などで好評を博す。のち江戸に下り、堺町に辰松座を興した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辰松八郎兵衛
たつまつはちろべえ
(?―1734)

江戸中期の人形遣い。本名、出生地不詳。竹本座創設ごろの女方遣いの名人で、『曽根崎心中(そねざきしんじゅう)』のお初や『用明天皇職人鑑(ようめいてんのうしょくにんかがみ)』の遊女室君などで人気を博し、その好みの髪形は辰松風とよばれて庶民の間に流行したという。1707年(宝永4)豊竹若太夫(とよたけわかだゆう)と相座本(あいざもと)として豊竹座の再興に尽力。のち竹本座に戻り、筑後掾(ちくごのじょう)(初世竹本義太夫(ぎだゆう))没後の危機乗り切りに功があった。19年(享保4)ごろ江戸に下り辰松座をおこし、手妻(てづま)人形と称して妙技を披露した。その子の幸助(1685?―1750)が2世を襲名したが、その年月は不詳。[山田庄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の辰松八郎兵衛の言及

【髪形】より

…江戸中期以後は,これらの髻形を基本として,辰松(たつまつ)風,文金風,本多風という三つの流れをもつ髻形へと移行した。辰松風とは,享保年間(1716‐36)辰松八郎兵衛という人形遣いの名人の結った髻で,髻の刷毛先が短く,先端が急こう配に折れ曲がっていて,根を高く巻きあげその芯に針をさして固定したともいう。文金風とは,上方浄瑠璃の名人宮古路豊後掾の考案と伝えられる。…

【浄瑠璃】より

…義太夫は1684年(貞享1)竹本座を道頓堀に創設,近松の《世継曾我》で好評を得る。98年(元禄11)筑後掾受領,1705年(宝永2)11月の《用明天王職人鑑》以後,竹田出雲(座本),近松門左衛門(作者),辰松八郎兵衛(人形),竹沢権右衛門(三味線)を擁し活躍した。その没後は竹本政太夫(《吉備津彦神社史料》《熊野年代記》に筑後掾悴義太夫の名があり,政太夫は2世義太夫とされてきたが3世か)が近松作品を深く語り分け,豊竹座の若太夫(豊竹若太夫,越前少掾)も紀海音の義理にからむ作風を巧みに観客の時代感覚に訴えて,西風(竹本),東風(豊竹)が競演し,浄瑠璃の近世意識が最高に発揮された。…

【人形浄瑠璃】より

…人形の下から手を突っ込んで遣ういわゆる一人遣いから二人遣い,三人遣いの3方法がある。1703年(元禄16)に《曾根崎心中》のお初を遣った辰松八郎兵衛は突込み人形の名人といわれるが,彼はこのほか,片手人形や手妻(てづま)人形を遣ったという。片手人形は,人形の胴の背後から手を入れて片手で遣ったところから名付けられたが,ときには両手で2体,3体,5体,7体の人形を遣った。…

※「辰松八郎兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

辰松八郎兵衛の関連キーワード三業人形遣い木偶遣い野呂間人形辰松八郎兵衛(初代)田中小八豊松藤五郎藤井小三郎(初代)藤井小三郎(2代)吉田三郎兵衛(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone