コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一如庵百華 いちにょあん ひゃっか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一如庵百華 いちにょあん-ひゃっか

1803-1871 江戸後期-明治時代の華道家。
享和3年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)武儀(むぎ)郡白山寺住職。のち還俗(げんぞく)して復原権頭源正実と改名,雌雄軒蓬山(しゆうけん-ほうざん)から松月堂古流の五大坊をついだ。明治4年10月22日死去。69歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。別号に大巌(たいがん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一如庵百華の関連キーワード廃藩置県若宮丸漂流民ギュツラフニューフランスドゥーフ日道ヘルウェティア共和国ホプキンズ白粒岩遠州流(茶道)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone