コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一如庵百華 いちにょあん ひゃっか

1件 の用語解説(一如庵百華の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一如庵百華 いちにょあん-ひゃっか

1803-1871 江戸後期-明治時代の華道家。
享和3年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)武儀(むぎ)郡白山寺住職。のち還俗(げんぞく)して復原権頭源正実と改名,雌雄軒蓬山(しゆうけん-ほうざん)から松月堂古流の五大坊をついだ。明治4年10月22日死去。69歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。別号に大巌(たいがん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

一如庵百華の関連キーワード玉手棠洲内海釣経指田詮佐竹永海嶋崎玄弥昇斎一景関直吉高橋四夕吉田宗賀渡辺香岳

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone