コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宮成助 いちのみや なりすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一宮成助 いちのみや-なりすけ

?-1582 戦国-織豊時代の武将。
阿波(あわ)(徳島県)一宮城主で阿波一宮神社の宮司(ぐうじ)。三好元長の娘婿となる。天正(てんしょう)5年阿波守護の細川真之(さねゆき)を擁して三好長治(ながはる)とたたかい,敗死させた。10年阿波に侵入した長宗我部元親(ちょうそかべ-もとちか)にしたがうが,同年11月7日夷山(えびすやま)城で元親に殺された。名は成祐ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一宮成助の関連キーワード伊沢頼俊

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android