コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好元長 みよし もとなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好元長 みよし-もとなが

1501-1532 戦国時代の武将。
文亀(ぶんき)元年生まれ。三好之長(ゆきなが)の孫。阿波(あわ)(徳島県)の国人。大永(たいえい)6年(1526)細川晴元を補佐して挙兵。翌7年管領細川高国を京都から追い,足利義維(よしつな)をたてて和泉(いずみ)(大阪府)堺に公方府をひらいた。享禄(きょうろく)4年再起をはかった高国をほろぼすが,忠誠心をうたがう晴元の策謀により本願寺の一揆(いっき)軍に包囲され,同5年6月20日堺で自害。32歳。名はのち長基(ながもと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三好元長

没年:天文1.6.20(1532.7.22)
生年:文亀1(1501)
戦国時代の武将。長秀の子。幼名千熊丸。筑前守。のち長基と改名。永正17(1520)年5月の洛中等持寺の戦で祖父之長が敗れ刑死したのち,三好氏の家督を継ぐ。大永6(1526)年10月,丹波の柳本賢治らが執政細川高国に反すると連動して阿波に挙兵し,細川澄元の遺子晴元を擁した。一族三好勝時らの活躍で翌7年2月山城桂川で高国が敗れると,翌月晴元と足利義晴の兄弟義維を擁して堺に上陸。高国らは近江へ逃亡し,義維,晴元,元長の3者を軸とする堺公方府が成立,事実上畿内を支配した。元長はこの政権で山城守護代に補任され,晴元軍の中核を構成したが賢治らに讒され,享禄2(1529)年8月いったん阿波に帰る。しかし西から高国が挽回して同4年3月摂津天王寺に進出すると,晴元の要請を受けて出兵,同6月高国軍を大破した(天王寺崩れ)。しかし結局晴元の疑いは解けず,翌年6月,晴元の使嗾で蜂起した一向一揆の攻撃で自刃。長慶はその子。<参考文献>長江正一『三好長慶

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の三好元長の言及

【三好氏】より

…室町時代の武家。清和源氏の分流武田氏から分かれた小笠原氏の末流。承久の乱後,阿波守護となった小笠原長清は甲斐から阿波麻殖(おえ)保に移り,その10代後の義長のとき三好郡芝生(しぼう)(現,徳島県三野町)に住み,初めて三好氏を称した。応仁の乱ころには阿波屈指の国人に成長し,守護細川成之の被官として三好,美馬,板野3郡を支配,1506年(永正3)細川政元の猶子澄元の側近として上洛した三好之長(ゆきなが)は,やがて摂津守護代となり,澄元没落後はしばしば再起を企てたが20年刑死した。…

※「三好元長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三好元長の関連キーワード一向一揆史(年表)京極高秀(2)波多野稙通堺(市)足利義栄浦上村宗三好長基下間頼秀日野内光三好義賢三好康長島村貴則茨木長隆十河一存三好政長一宮成助月照院

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android