細川真之(読み)ほそかわ さねゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川真之 ほそかわ-さねゆき

1542-1582 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)11年生まれ。阿波(あわ)(徳島県)勝瑞(しょうずい)城主。天文22年阿波守護の父持隆を殺した執事の三好義賢に擁立され,守護となる。実権をもつ三好氏と対立し,天正(てんしょう)10年10月8日自害,阿波細川氏はほろびた。41歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android