コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好長治 みよし ながはる

1件 の用語解説(三好長治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好長治 みよし-ながはる

1553-1577 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)22年生まれ。三好義賢(よしかた)の長男。阿波(あわ)(徳島県)勝瑞(しょうずい)城主。讒言(ざんげん)をいれて忠臣篠原長房をせめほろぼし,みずから屋台骨をうしなう。日蓮宗への改宗の強制など失政がおおく,民心も離反した。天正(てんしょう)5年3月28日細川真之(さねゆき)に攻められて自害。25歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三好長治の関連キーワードEdward the Confessor川中島の戦メスキータ福岡市の要覧天荊松永久通鷹巣城七尾城中国征伐尼子勝久

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone