コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一尾伊織 いちお いおり

1件 の用語解説(一尾伊織の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一尾伊織 いちお-いおり

1599-1689 江戸時代前期の武士,茶人。
慶長4年生まれ。幕臣。書院番,小普請(こぶしん)組をつとめる。細川忠興(ただおき)(三斎)の家臣津川四郎左衛門に茶湯をまなび,三斎流一尾派を創始。竹の花筒,茶杓(ちゃしゃく)の製作にすぐれ,琵琶(びわ)もつくったという。元禄(げんろく)2年3月13日死去。91歳。名は通尚(みちひさ)。号は徹斎,宗碩,一庵,照庵。著作に「一尾流之書」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一尾伊織の関連キーワードマーストンガリレイ(年譜)幸阿弥家トルコ文学義山理忠中ロ関係落柿舎釜石市から東海市への集団移転九戸城難民審査参与員制度

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone