一拍(読み)イッパク

デジタル大辞泉の解説

一度両手を合わせて打つこと。
音韻論で、拍一つ分の時間の長さ。→
拍子を1回とること。「一拍間をおいて弾(ひ)く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 音楽で、拍子記号によって指定された、一うちの長さ。四分の二拍子では四分音符、八分の三拍子では八分音符がそれぞれ一拍。ただし、実際の演奏における一拍は、楽曲の速度に応じて変わる。〔楽典初歩(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一拍の関連情報