一日千金(読み)いちにちせんきん

精選版 日本国語大辞典「一日千金」の解説

いちにち‐せんきん【一日千金】

〘名〙 (蘇東坡「春夜詩」の「春宵一刻価千金」による)
① 一日が千金に価するほどたいせつであるということ。
浮世草子世間胸算用(1692)「一日千金の大晦日をしるべし」
② 一日に千金もの多くの金銭が消費されること。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「一日千金の色所に遊び、十分請取銀あれば、其内に不足こしらへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android