一日千金(読み)いちにちせんきん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (蘇東坡「春夜詩」の「春宵一刻価千金」による)
① 一日が千金に価するほどたいせつであるということ。
※浮世草子・世間胸算用(1692)序「一日千金の大晦日をしるべし」
② 一日に千金もの多くの金銭が消費されること。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「一日千金の色所に遊び、十分請取銀あれば、其内に不足こしらへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android