一松定吉(読み)ひとつまつ さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一松定吉 ひとつまつ-さだよし

1875-1973 大正-昭和時代の司法官,政治家。
明治8年3月18日生まれ。大審院検事をつとめ,大正9年退官。弁護士となる。昭和3年衆議院議員(当選8回,民主党)。第1次吉田内閣の国務・逓信相,片山内閣厚相,芦田内閣の建設相。25年参議院議員(当選2回)。昭和48年6月8日死去。98歳。大分県出身。明治法律学校(現明大)卒。旧姓は波多。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android