コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一柳頼紹 ひとつやなぎ よりつぐ

1件 の用語解説(一柳頼紹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳頼紹 ひとつやなぎ-よりつぐ

1822-1869 江戸後期-明治時代の大名。
文政5年生まれ。旗本村越茂助の次男。一柳寿重(かずしげ)の養子。天保(てんぽう)3年(1832)一柳頼親(よりちか)の跡をつぎ伊予(いよ)(愛媛県)小松藩主一柳家8代となる。勤王の立場にたち,戊辰(ぼしん)戦争では藩兵を越後(えちご)(新潟県)や出羽(でわ)山形方面に出動させた。明治2年7月14日死去。48歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一柳頼紹の関連キーワード藩学一覧女性参政権柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone