一柳頼親(読み)ひとつやなぎ よりちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳頼親 ひとつやなぎ-よりちか

1791-1832 江戸時代後期の大名。
寛政3年1月11日生まれ。一柳頼欽(よりよし)の長男。寛政8年伊予(いよ)(愛媛県)小松藩主一柳家7代となる。駿府(すんぷ)加番をつとめる。近藤篤山をまねき藩校養正館の運営にあたらせた。天保(てんぽう)3年4月7日死去。42歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android