コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一竜斎貞水(6代) いちりゅうさい ていすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一竜斎貞水(6代) いちりゅうさい-ていすい

1939- 昭和後期-平成時代の講談師。
昭和14年6月29日生まれ。昭和30年城北高在学中に5代一竜斎貞丈に入門,貞春を名のる。41年真打となり,6代貞水を襲名。「忠僕直助」「彰義隊始末記」などを得意とする。照明や音響をつかった怪談をはじめ,「怪談の貞水」といわれる。平成14年人間国宝。東京出身。本名は浅野清太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一竜斎貞水(6代)の関連キーワード講談師講談

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android