コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一筆斉文調(読み)いっぴつさい・ぶんちょう

朝日日本歴史人物事典の解説

一筆斉文調

生年:生没年不詳
江戸中期の浮世絵師。姓は守氏。刊年不明の七回忌追善画会の摺物により,6月12日が忌日で,狩野派の絵師石川幸元の門人であることが判明している。明和期(1764~72)に役者の容貌の肖似性を売り物にした「似顔絵」を錦絵において創始し,役者絵の様式を一変させた。絵本では扇面形の枠内に描いた勝川春章との合作,明和7(1770)年刊の『絵本舞台扇』が重要。役者絵以外では,明和末から安永(1772~81)初期にかけて美人画も制作,「墨水八景」「三十六花撰」などが代表作。安永初期には作画活動をほとんど停止したが,派手さの乏しい高踏的な画風が人気を得なかったためと思われる。<参考文献>早稲田大学演劇博物館『芝居絵図録1 一筆斉文調』

(大久保純一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android