コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一筆斉文調 いっぴつさい・ぶんちょう

朝日日本歴史人物事典の解説

一筆斉文調

生年:生没年不詳
江戸中期の浮世絵師。姓は守氏。刊年不明の七回忌追善画会の摺物により,6月12日が忌日で,狩野派の絵師石川幸元の門人であることが判明している。明和期(1764~72)に役者の容貌の肖似性を売り物にした「似顔絵」を錦絵において創始し,役者絵の様式を一変させた。絵本では扇面形の枠内に描いた勝川春章との合作,明和7(1770)年刊の『絵本舞台扇』が重要。役者絵以外では,明和末から安永(1772~81)初期にかけて美人画も制作,「墨水八景」「三十六花撰」などが代表作。安永初期には作画活動をほとんど停止したが,派手さの乏しい高踏的な画風が人気を得なかったためと思われる。<参考文献>早稲田大学演劇博物館『芝居絵図録1 一筆斉文調』

(大久保純一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

一筆斉文調の関連キーワード鳥居清満(初代)桑楊庵光

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android