コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摺物 すりもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摺物
すりもの

江戸時代に配り物として作られた非売品木版画狂歌師による歳旦 (さいたん) 摺物のほか,改名の際の名広め絵暦などが含まれる。最高度の彫摺技法が求められたため,浮世絵の発達に貢献した点が多い。質量ともに葛飾北斎が群を抜く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

摺物【すりもの】

木版画の配りもの。狂歌師が新作の狂歌を添えて新年に配ったり(歳旦(さいたん)摺物),催しや襲名披露にも用いた。費用を惜しまず豪華な意匠を凝らしたので,木版画の発達に貢献。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

摺物の関連キーワード柳川重信(初代)立てばんこ遠山竜雲斎一筆斉文調大伴大江丸岳亭春信蹄斎北馬葛飾辰斎魚屋北渓歌川広重葛飾北秀江戸時代窪俊満牧墨僊末摘花橘岷江

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摺物の関連情報