一興(読み)いっきょう

精選版 日本国語大辞典「一興」の解説

いっ‐きょう【一興】

〘名〙 (形動)
① ちょっとした面白味のあること。それなりの興趣。また、そのさま。いっきょ。
尺素往来(1439‐64)「又時之一
※門(1910)〈夏目漱石〉九「打ち明けるのも一興(イッキョウ)だらうと」
近世、反語的に、外、奇怪の意を表わす。驚きあきれること。とんでもないこと。また、そのさま。いっきょ。
浄瑠璃・頼朝浜出(1686)一「太刀ひんぬけば是はいっけう、さりとてはあやまったり」
[補注](1)「逸興」から、一時の興味という意味あいで「一興」と当てたものか。
(2)本来、「一興」は「ひとつの面白さ、ちょっとした遊興」、類語の「逸興」は「世俗を脱した風流な趣向」と区別があったが、混同されることも少なくない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一興」の解説

いっ‐きょう【一興】

ちょっとしたおもしろみ。それなりの楽しみ。「それもまた一興だ」
(近世、反語的に用いて)意外なこと。奇怪なこと。
「これは―、此の子はいとしうござらぬか」〈重井筒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android