コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一葉蘭 イチヨウラン

デジタル大辞泉の解説

いちよう‐らん〔イチエフ‐〕【一葉×蘭】

ラン科の多年草。日本特産。中部以北の高山自生。高さ10~20センチ。茎の根元広楕円形の葉が1枚だけ出る。初夏、淡い紅紫色の斑点がある淡緑色の花を1個開く。ひとはらん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちようらん【一葉蘭】

ラン科の多年草。中部以北の高山の樹陰に自生。広楕円形の葉を一枚だけ根生する。初夏、シュンランに似た一個の花を花茎頂に開く。ヒトハラン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一葉蘭 (イチヨウラン)

学名:Dactylostalix ringens
植物。ラン科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

一葉蘭の関連キーワードシュンラン樹陰一個根生