一銭を笑う者は一銭に泣く(読み)いっせんをわらうものはいっせんになく

ことわざを知る辞典の解説

一銭を笑う者は一銭に泣く

たかが一銭とばかにして笑うは、やがてその一銭にも困る羽目になる。銭は小額でも粗末にしてはならない。

[使用例] 晩秋騒夜、われ完璧の敗北を自覚した。一銭を笑い、一銭に殴られたにすぎぬ[太宰治*HUMAN LOST|1937]

[解説] 貯蓄奨励用に公募され、二等に選ばれた標語が定着したもの。ことわざとしては作者が明らかな珍しい例です。大正八年のこの標語は、逓信省為替貯金局の公式の標語として最も古いものといわれます。

[類句] 一円を笑う者は一円に泣く

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

一銭いっせんわらもの一銭いっせん

わずかな金額だといって軽視する者は、そのわずかな金額に困ることになる。たとえわずかな金でも軽んじてはいけないという戒め。一円を笑う者は一円に泣く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android