コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽目 ハメ

デジタル大辞泉の解説

はめ【羽目】

《動詞「は(塡)める」の連用形からという》
建築で、板を平らに張ったもの。布羽目・太鼓羽目などがある。
(「破目」とも書く)成り行きから生じた困った状況。「結局手伝わされる羽目になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

羽目の関連キーワード抜き差しならない新歌舞伎十八番和泉大掾九平片しゃぎり羽目・破目松羽目物下見板張身替座禅チヨマツ箍を外す松本良山尻が来る簓子下見松本そめ太鼓羽目臆病口土蜘蛛松羽目時代物須弥壇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽目の関連情報