コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一円 イチエン

5件 の用語解説(一円の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いち‐えん〔‐ヱン〕【一円】

[名]
(かなり広い範囲の場所を表す語に付いて)ある地域全体。一帯。全域。「勢力が関東一円に及ぶ」
日本の貨幣単位。→
[副]
残らず。すべて。
「河口庄をば―に家中の料所にぞなしたりける」〈太平記・三九〉
(あとに打消しの語を伴って)少しも。まったく。
「男―同心せず」〈浮・武家義理・五〉

いちえん【一円】[人名]

無住道暁(むじゅうどうぎょう)の号。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちえん【一円】

( 名 )
(場所を表す語の下に付いて)その地方・場所などの全体。一帯。全域。 「京阪神-に広がる」 「九州-を従える」 → 一帯(補説欄)
[0] 日本の貨幣単位。 →
( 副 )
ことごとく。すべて。 「只-に九院を没倒もつとうし/太平記 18
(下に打ち消しの語を伴って)全然。いっこう。 「さやうの事-ぞんぜぬ/狂言・鶏聟」

いちえん【一円】

臨済宗の僧、無住むじゆうの号。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一円の関連情報