コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一門衆 いちもんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

いちもんしゅう【一門衆】

戦国期の本願寺宗主の直系庶子。一門とは本来同一の法門を継承する人々の意味。血脈相承本願寺では,歴代宗主ごとに繁出する庶子群を一家衆(いつけしゆう)と総称し,そのうち戦国期の8代蓮如,9代実如と姻戚関係にある一部の一家衆に限り一門衆と称した。一門衆を設けた意図は,宗主とその庶子・親族団を中心にした集権的教団の形成にあった。本願寺在住の者は宗主を補佐し,地方の者はその他の門末を統轄した。宗主より遣わされた寺侍(下間氏)が事務面で,また与力を命ぜられた各地の門末が経済面で彼らをささえた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

一門衆の関連キーワード本福寺跡書伊達綱宗上条城年切り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一門衆の関連情報