コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一門衆 いちもんしゅう

1件 の用語解説(一門衆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いちもんしゅう【一門衆】

戦国期の本願寺宗主の直系庶子。一門とは本来同一の法門を継承する人々の意味。血脈相承本願寺では,歴代宗主ごとに繁出する庶子群を一家衆(いつけしゆう)と総称し,そのうち戦国期の8代蓮如,9代実如と姻戚関係にある一部の一家衆に限り一門衆と称した。一門衆を設けた意図は,宗主とその庶子・親族団を中心にした集権的教団の形成にあった。本願寺在住の者は宗主を補佐し,地方の者はその他の門末を統轄した。宗主より遣わされた寺侍(下間氏)が事務面で,また与力を命ぜられた各地の門末が経済面で彼らをささえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone