コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一食 イチジキ

デジタル大辞泉の解説

いち‐じき【一食】

仏家で、1日に一度だけ、午前中に食事をすること。頭陀行(ずだぎょう)一食法。一座食。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじき【一食】

〘仏〙 衣食住への執着を払う行である頭陀行ずだぎようの一。午前中に一度食事をとるほかは一切の食物を口にしないもの。一坐食。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一食の関連キーワード日南一本釣りカツオ炙り重新潟茶豆アイスモナカ越後姫アイスモナカ本泊まり・本泊りイタリア料理二木 謙三体重方程式菊田あや子あずき太郎天下一品トリトンもも太郎贅沢最中かつ徳衣食住仏家執着個食一飯食物

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一食の関連情報