仏家(読み)ぶっけ

精選版 日本国語大辞典「仏家」の解説

ぶっ‐け【仏家】

〘名〙 仏語。
① 仏のすむ浄土。悟りの世界。〔観無量寿経〕
② 仏教徒。また、その集まり。仏教の教団。
※即身成仏義(823‐824頃)「則為在仏家
※観智院本三宝絵(984)下「女人を仏家にいるべしと申すすめて」
③ 僧のいる。仏道修行の道場。
※正法眼蔵(1231‐53)別輯「仏家に観世音菩薩あり、をみぬ人は少く」

ぶっ‐か【仏家】

※読本・雨月物語(1776)貧福論「かく果るを仏家(ブッカ)には前業をもて説しめし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android