コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七代目 古今亭志ん馬 ななだいめここんていしんば

1件 の用語解説(七代目 古今亭志ん馬の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

七代目 古今亭志ん馬

落語家。1958年3月3日、東京生まれ。本名、吉野恵一。81年4月、六代目古今亭志ん馬に入門。82年、前座となり、志ん馬を名乗る。86年、二つ目に昇進し、志ん次に改名。94年、師匠志ん馬死去のため、志ん朝門下に移籍。96年、NHK新人演芸大賞を受賞。97年に真打昇進し、100年以上続く落語家の名跡「古今亭志ん馬」の七代目を襲名した。「三方一両損」「明烏」「宮戸川」などの古典落語を得意とし、軽快な噺で人気を博した。13年4月の寄席を最後に休養していたが、同年10月7日、胃癌のため死去。享年55。

(2013-10-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七代目 古今亭志ん馬の関連キーワード残留孤児・婦人訴訟判決桂小南(2代)桂文枝(5代)桂三木助(3代)三遊亭円右(3代)三遊亭金馬(3代)林家染丸(3代)柳家小さん(4代)柳亭左楽(5代)若柳吉蔵(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone