コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七代目 古今亭志ん馬 ななだいめここんていしんば

知恵蔵miniの解説

七代目 古今亭志ん馬

落語家。1958年3月3日、東京生まれ。本名、吉野恵一。81年4月、六代目古今亭志ん馬に入門。82年、前座となり、志ん馬を名乗る。86年、二つ目に昇進し、志ん次に改名。94年、師匠志ん馬死去のため、志ん朝門下に移籍。96年、NHK新人演芸大賞を受賞。97年に真打昇進し、100年以上続く落語家の名跡「古今亭志ん馬」の七代目を襲名した。「三方一両損」「明烏」「宮戸川」などの古典落語を得意とし、軽快な噺で人気を博した。13年4月の寄席を最後に休養していたが、同年10月7日、胃癌のため死去。享年55。

(2013-10-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

七代目 古今亭志ん馬の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android