明烏(読み)あけがらす

  • (通称)
  • 明烏(あけがらす)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三味線音楽,舞踊劇曲名。新吉原の遊女三芳野と江戸の町人伊之助の心中脚色
(1) 新内節端物『明烏夢泡雪 (ゆめのあわゆき) 』の通称。安永年間,1世鶴賀若狭掾の作。
(2) 清元節『明烏花濡衣 (はなのぬれぎぬ) 』の略称。 (1) の舞踊劇化。3世桜田治助作詞,清元太兵衛 (2世清元延寿太夫の後名) 作曲 (一説に清元千蔵とも) 。嘉永4 (1851) 年江戸市村座初演。
(3) 新内節端物『明烏後正夢 (のちのまさゆめ) 』。安政4 (1857) 年1世富士松魯中作。 (1) の後編ともいえ,通称『正夢』あるいは『浦里時次郎道行』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

新内節の曲名。本名題《明烏夢泡雪(ゆめのあわゆき)》。1772年初世鶴賀若狭掾作詞・作曲。遊女浦里と金に詰まって死を覚悟した時次郎悲恋を描いたもの。明烏といえば普通これをさす。その続編は本名題《明烏后真夢(のちのまさゆめ)》。富士松魯中作曲。なお清元節にも《明烏花濡衣(はなのぬれぎぬ)》がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

(1)歌舞伎舞踊。新内と清元が有名。1772年(安永1)初世鶴賀若狭掾が作曲した《明烏夢泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)》が新内の名曲として流布し,1851年(嘉永4)2月江戸市村座の《仮名手本忠臣蔵》8段目の裏に,清元に移した《明烏花濡衣》として舞台に上り,同年3月大坂筑後の芝居(大西の芝居)で新内で演じられた。以後53年大坂浜の操り芝居で義太夫《明烏雪の》,のちの《明烏六花曙》になり,新内《明烏后真夢(のちのまさゆめ)》,常磐津《夢泡雪》,同名異曲《新明烏》が作られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 夜明けがたに鳴く烏。また、その声。近世、男女の朝の別れの情緒を表現するのに用いられた。
※浄瑠璃・近江源氏先陣館(1769)九「我はこれより城内へとまたも畳を、明烏かはい、かはいの声につれ」
② 墨をいう、てきや、盗人仲間の隠語。からす。〔日本隠語集(1892)〕
③ 秋田県大館の名物菓子。同地方に産するクルミの実を小さく切って、琥珀糖(こはくとう)に練り合わせて、三センチメートルほどにした練り菓子。その切り口のクルミの実が、明け方の空を飛ぶ烏のように見えるというところからいう。
[2]
[一] (あけ烏) 俳諧集。一巻。蕪村七部集の一つ。安永二年(一七七三)刊。高井几董(きとう)編。蕪村とその門下の発句を集めたもの。
[二] 江戸時代、明和六年(一七六九)江戸三河島で新吉原蔦屋の遊女三吉野と浅草蔵前伊勢屋の伊之助が心中した事件をうたった浄瑠璃曲名の通称。新内節「明烏夢泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)」の好評によって、清元、常磐津、義太夫などでも作曲された。二人の名を浦里と時次郎に変えたことから「浦里時次郎」とも呼ばれる。
① 新内節。初世鶴賀若狭掾(わかさのじょう)作詞作曲。本名題「明烏夢泡雪」。
② 清元節。三世桜田治助作詞。清元千蔵作曲。本名題「明烏花濡衣(あけがらすはなのぬれぎぬ)」。嘉永四年(一八五一)江戸市村座初演。
③ 義太夫節。本名題「明烏六花(雪)曙(あけがらすゆきのあけぼの)」。嘉永六年(一八五三)大坂竹本綱太夫座の操り芝居で初演。
④ 落語。堅物すぎる若旦那時次郎が、だまされて吉原に連れてゆかれたおかしみを演じる郭話(くるわばなし)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
明烏花濡衣 など
初演
嘉永4.1(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の明烏の言及

【真夢】より

…新内節の曲名。本名題《明烏後真夢(あけがらすのちのまさゆめ)》。〈正夢〉とも書く。…

※「明烏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android