三方一両損(読み)サンボウイチリョウゾン

デジタル大辞泉の解説

さんぼういちりょうぞん〔サンバウイチリヤウゾン〕【三方一両損】

落語。講談に取材したもの。左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以上、自分のものではないと受け取らない。大岡越前守は1両足して、2両ずつ両人に渡し、三方1両損にして解決する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぼういちりょうぞん【三方一両損】

講談・落語の一。大岡政談物の一つで、無欲な職人二人の意地の張り合いを大岡越前守が巧みに裁くという筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんぼう‐いちりょうぞん サンバウイチリャウゾン【三方一両損】

落語。講釈種で、大岡政談の一つ。大工の吉五郎が落とした三両の金を、左官の金太郎が拾って届けたが、吉五郎が受け取らないので、大岡越前守が一両足して、両人に二両ずつほうびを与え、三者が一両損と裁く。さげは地口落ち

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報