三方一両損(読み)サンボウイチリョウゾン

デジタル大辞泉「三方一両損」の解説

さんぼういちりょうぞん〔サンバウイチリヤウゾン〕【三方一両損】

落語講談に取材したもの。左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以上、自分のものではないと受け取らない。大岡越前守は1両足して、2両ずつ両人に渡し、三方1両損にして解決する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「三方一両損」の解説

さんぼう‐いちりょうぞん サンバウイチリャウゾン【三方一両損】

落語。講釈種で、大岡政談の一つ。大工の吉五郎が落とした三両の金を、左官の金太郎が拾って届けたが、吉五郎が受け取らないので、大岡越前守が一両足して、両人に二両ずつほうびを与え、三者が一両損と裁く。さげは地口落ち。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「三方一両損」の解説

三方一両損

古典落語演目のひとつ。江戸時代末期のとされる。「三方目出度い」「一両損」とも。三笑亭夢楽が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、奉行

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android