三方一両損(読み)サンボウイチリョウゾン

  • さんぼういちりょうぞん サンバウイチリャウゾン
  • さんぼういちりょうぞん〔サンバウイチリヤウゾン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

落語。講釈種で、大岡政談の一つ。大工の吉五郎が落とした三両の金を、左官の金太郎が拾って届けたが、吉五郎が受け取らないので、大岡越前守が一両足して、両人に二両ずつほうびを与え、三者が一両損と裁く。さげは地口落ち。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android