コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三方一両損 サンボウイチリョウゾン

デジタル大辞泉の解説

さんぼういちりょうぞん〔サンバウイチリヤウゾン〕【三方一両損】

落語。講談に取材したもの。左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以上、自分のものではないと受け取らない。大岡越前守は1両足して、2両ずつ両人に渡し、三方1両損にして解決する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

三方一両損

古典落語演目のひとつ。江戸時代末期の作とされる。「三方目出度い」「一両損」とも。三笑亭夢楽が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、奉行

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんぼういちりょうぞん【三方一両損】

講談・落語の一。大岡政談物の一つで、無欲な職人二人の意地の張り合いを大岡越前守が巧みに裁くという筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三方一両損の関連キーワード三笑亭 夢楽(2代目)七代目 古今亭志ん馬三笑亭夢楽(2代)大岡政談物落語の演題古典落語地口落ち意地

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三方一両損の関連情報