七宝荘厳(読み)シッポウショウゴン

精選版 日本国語大辞典の解説

しちほう‐しょうごん ‥シャウゴン【七宝荘厳】

〘名〙 仏語。七宝で美しくおごそかに飾ること。また、そのもの。しっぽうしょうごん。〔往生要集(984‐985)〕
※御伽草子・梵天国(室町末)「その内に、きりのはしら、めなふの石、七ほうしゃうごんのすべて、極楽せかいを音に聞しにたがはず」 〔無量寿経‐上〕

しっぽう‐しょうごん ‥シャウゴン【七宝荘厳】

※平家(13C前)二「無縁の群類をすくはむがために、七宝荘厳(シッポウシャウゴン)(高良本ルビ)のすみかをすてて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android