コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七浦七峠 ななうらななとうげ

3件 の用語解説(七浦七峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七浦七峠
ななうらななとうげ

宮崎県中部,宮崎市南部の青島付近から日南海岸を通って鵜戸神宮へ通じる道の古称。江戸時代に,新婚の夫婦は鵜戸神宮にお礼参りをするならわしがあり,曲折の多い海沿いの道を,峠を越え,浦に泊って参詣した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕七浦七峠(ななうらななとうげ)


宮崎市青島(あおしま)から日南(にちなん)海岸沿いに日南市鵜戸(うど)へいたる峠道。かつては終点の鵜戸神宮に通じる唯一の参詣(さんけい)道であった。現在は国道220号が通じる。新郎が花嫁を馬に乗せ、峠を越えて鵜戸神宮へ参る「シャンシャン馬」の風習が伝わる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七浦七峠
ななうらななとうげ

宮崎市青島(あおしま)付近より日南(にちなん)海岸に沿い日南市鵜戸(うど)に至る旧道。海岸は第三紀層の隆起海岸で、小湾や岬が海に迫り、浦に下っては峠を越えるという難路が続いた。終点は鵜戸神宮で、唯一の参詣(さんけい)道でもあった。宮崎では新婚の花嫁を馬に乗せ、新郎が轡(くつわ)をとり鵜戸参りをする「シャンシャン馬」の風習があった。「日向(ひゅうが)七浦七峠 二日二夜の旅枕(まくら)……」と民謡に歌われる。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七浦七峠の関連キーワード青島せんべい青島太平洋マラソン青島リゾート こどものくに国際青島太平洋マラソン日南線新潟県魚沼市青島新潟県長岡市青島町静岡県富士市青島静岡県富士市青島町宮崎県宮崎市青島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone