コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆起海岸 りゅうきかいがんcoast of elevation

5件 の用語解説(隆起海岸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆起海岸
りゅうきかいがん
coast of elevation

地盤の隆起または海面の下降によって海底が海面上に現れて生じた海岸。海底の地形は一般に平坦なため,海岸線は単調。離水海岸ともいう。海底が砂質で遠浅の場合には,波は沖合いで砕けて沿岸州がつくられ,海岸との間にが生じる。潟が縮小すると平滑な海岸線ができる。千葉県九十九里浜はこのようにして生じた海岸平野の例。岩質の海岸が隆起すると海底につくられた海食台(→波食台)が陸上に現れて隆起海食台となる。海岸地域が間欠的に隆起すると,隆起の回数に応じて海岸段丘ができる。志摩半島三浦半島の隆起海食台,襟裳岬室戸岬佐渡島海岸段丘などは好例。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

隆起海岸【りゅうきかいがん】

離水海岸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隆起海岸
りゅうきかいがん

地盤の隆起によって、浅海の海底地形が海面上に現れた結果生ずる海岸。旧海食崖(がい)、旧海食洞、そして旧海底堆積(たいせき)面が海岸段丘面として認めることができる。日本のような変動帯の海岸の場合、地震で地盤が上昇する地震性隆起海岸が多く、房総半島や三浦半島に、それによる隆起海岸が認められる。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone