七色唐辛子(読み)ナナイロトウガラシ

精選版 日本国語大辞典の解説

なないろ‐とうがらし ‥タウがらし【七色唐辛子】

〘名〙 唐辛子・胡麻・陳皮(ちんぴ)・芥子・菜種・麻の実・山椒などを砕いて混ぜ合わせた香味料。しちみとうがらし。なないろ。また、それを売る人。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)五「あつらへの七色(ナナイロタウ)からしを売様に、あんまり交っけへされるとひるむぜ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の七色唐辛子の言及

【七味唐辛子】より

…トウガラシ粉にゴマ,陳皮(ちんぴ)(ミカンの皮),ケシの実,アサの実,粉サンショウなどを加えた混合香辛料。京坂で七味唐辛子,江戸で七色(なないろ)唐辛子と呼んだ。トウガラシ粉の配合率によって大辛(おおがら),中辛(ちゆうがら),小辛(こがら)などと呼び,そば,うどんの薬味,コイこく,ドジョウ汁の吸口などに用いる。…

※「七色唐辛子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android