万宝(読み)バンポウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ばん‐ぽう【万宝】

〘名〙
① 多くのたから。よろずの宝物。まんぽう。
※宝の山(1891)〈川上眉山〉発端「万宝(バンパウ)に満ちて、人の心の望む限りは、如何なるものも備はらぬはなし」 〔荘子‐庚桑楚〕
② さまざまに便利なこと。また、便利重宝なことをしるした書籍。まんぽう。

まん‐ぽう【万宝】

〘名〙 (「まんぼう」とも)
① 多くのたから。よろずの宝物。ばんぽう。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)九月一七日「先金堂号円隆寺。〈略〉尽万宝、交衆色
② さまざまに便利なこと。また、便利重宝なことをしるした書籍。ばんぽう。
※浮世草子・元祿大平記(1702)一「此ごろは、はや重宝記もすゑになり、万宝(マンボウ)にうつる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android