コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万暦赤絵 ばんれきあかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万暦赤絵
ばんれきあかえ

中国,明代の万暦年間 (1573~1619) に,江西省景徳鎮窯で焼かれた赤絵磁器。きわめて美しかったことから一般化した日本での名称。薄い胎土,白い器表にかけた釉 (うわぐすり) が重厚な美を示す。赤だけでなく青,黄,緑なども配している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばんれき‐あかえ〔‐あかヱ〕【万暦赤絵】

万暦窯で焼かれた五彩(赤絵)磁器。「大明万暦年製」のがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんれきあかえ【万暦赤絵】

中国明代の万暦窯で産した、上絵付けを施した磁器。緻密かつ華麗な赤絵が付けられている。「大明万暦年製」の銘をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の万暦赤絵の言及

【赤絵】より

…続く嘉靖年間は赤絵の全盛期で民窯では金襴手,官窯では白磁や青花磁に五彩を加えたものを中心に,色釉地に色釉文様を加えた雑彩と呼ぶ濃麗な作品も作られた。万暦年間(1573‐1619)には官能的で濃艶な赤絵が作られ,日本の茶人はこれを万暦赤絵と呼んで珍重した。また明末の天啓年間(1621‐27)から清初にかけて天啓赤絵,南京赤絵と呼ばれる粗雑な器皿,福建省あたりでは奔放な絵付の呉須赤絵が焼造されたが,これらも日本の茶人たちに愛好され,日本の赤絵の発展に大きな影響を与えた。…

【明代美術】より

…この時代は,とくに赤絵が流行し,ことに金襴手が製作されるなど,豪華けんらんたる装飾性が追求された。万暦年間(1573‐1619)の五彩は日本では万暦赤絵と呼ばれて有名であるが,色はどぎつく,器面は文様でうめつくされ,筆致はやや粗放であるなど,爛熟期の様相を示す。 明代の工芸としては,ほかに漆工が元代に引き続き盛んであり,彫漆,沈金,塡漆,螺鈿等の技法が行われた。…

※「万暦赤絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万暦赤絵の関連キーワード志賀直哉(年譜)上絵付け錦手

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android