コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万暦赤絵 ばんれきあかえ

3件 の用語解説(万暦赤絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万暦赤絵
ばんれきあかえ

中国,明代の万暦年間 (1573~1619) に,江西省景徳鎮窯で焼かれた赤絵の磁器。きわめて美しかったことから一般化した日本での名称。薄い胎土,白い器表にかけた釉 (うわぐすり) が重厚な美を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばんれきあかえ【万暦赤絵】

中国明代の万暦窯で産した、上絵付けを施した磁器。緻密かつ華麗な赤絵が付けられている。「大明万暦年製」の銘をもつ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の万暦赤絵の言及

【赤絵】より

…続く嘉靖年間は赤絵の全盛期で民窯では金襴手,官窯では白磁や青花磁に五彩を加えたものを中心に,色釉地に色釉文様を加えた雑彩と呼ぶ濃麗な作品も作られた。万暦年間(1573‐1619)には官能的で濃艶な赤絵が作られ,日本の茶人はこれを万暦赤絵と呼んで珍重した。また明末の天啓年間(1621‐27)から清初にかけて天啓赤絵,南京赤絵と呼ばれる粗雑な器皿,福建省あたりでは奔放な絵付の呉須赤絵が焼造されたが,これらも日本の茶人たちに愛好され,日本の赤絵の発展に大きな影響を与えた。…

【明代美術】より

…この時代は,とくに赤絵が流行し,ことに金襴手が製作されるなど,豪華けんらんたる装飾性が追求された。万暦年間(1573‐1619)の五彩は日本では万暦赤絵と呼ばれて有名であるが,色はどぎつく,器面は文様でうめつくされ,筆致はやや粗放であるなど,爛熟期の様相を示す。 明代の工芸としては,ほかに漆工が元代に引き続き盛んであり,彫漆,沈金,塡漆,螺鈿等の技法が行われた。…

※「万暦赤絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

万暦赤絵の関連キーワード天正元亀岩成友通三好義継篠原長房島井宗室若江城小谷城跡越前国錦織寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万暦赤絵の関連情報