万福寺庭園(読み)まんぷくじていえん

国指定史跡ガイドの解説

まんぷくじていえん【万福寺庭園】


島根県益田市東町にある庭園。万福寺は、創建の年代は明らかではないがもとは安福寺と号し、現在の中州浦にあったと伝えられる。1374年(応安7・文中3)に11代七尾城主益田兼見(かねはる)が現在地に移し、寺号を万福寺と改めて菩提寺としたといわれる。本堂は国の重要文化財に指定されており、本堂裏手にある庭園は、雪舟の築庭と伝えられ、池泉回遊式兼観賞式庭園と呼ばれる築山泉庭である。中央奥に須弥山(しゅみせん)を表す石組みを置き、右に枯れ滝の石組み、手前中央に心字(しんじ)池、左に三尊石(さんぞんせき)を配している。庭園は広くはなく、築山も大きくはないが、畳石は階段をつくり、三石は天地人をかたどり、水は清く、本堂の建築とよく調和している。室町時代の庭園様式の典型といわれ、1928年(昭和3)に国の史跡および名勝に指定された。徒歩約10分のところに、雪舟庭園で知られる医光寺がある。JR山陰本線ほか益田駅から石見交通バス「折戸」下車、徒歩約2分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android