万里小路春房(読み)までのこうじ はるふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

万里小路春房 までのこうじ-はるふさ

1449-? 室町時代の公卿(くぎょう)。
宝徳元年生まれ。甘露寺親長(かんろじ-ちかなが)の子。万里小路冬房(ふゆふさ)の養子となり,文明2年参議兼右大弁。翌年伊勢貞親(いせ-さだちか)とともに近江(おうみ)(滋賀県)朽木(くつき)に隠棲,出家して春誉と称した。初名氏長。号は楽邦庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android