コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土木の変 どぼくのへん Tu-mu; T`u-mu

6件 の用語解説(土木の変の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土木の変
どぼくのへん
Tu-mu; T`u-mu

中国,正統 14 (1449) 年に土木堡 (河北省懐来県付近) を中心として戦われた明軍とオイラート (瓦剌) 軍との戦争。西モンゴルオイラート部の太師エセン (也先) は北方地帯で勢力を拡大し,明に対しても朝貢貿易の増加などを要求して北辺に迫った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どぼく‐の‐へん【土木の変】

1449年、中国、英宗が自らモンゴル族オイラートの部隊と戦って敗北し、河北の土木堡(どぼくほう)で捕虜となった事件。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土木の変【どぼくのへん】

正統帝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どぼくのへん【土木の変】

中国で1449年(正統14),河北省懐来県付近の土木堡で,明の英宗がオイラート軍に捕虜となった事件。1440年代西モンゴリア根拠地に北アジア遊牧地帯のほぼ全域を握ったオイラート部長エセンは,国力充実の一環として明に対して大規模な通商活動を展開し,支配下の西域商人の隊商などを送り込む一方,銃,弓,鉄器などの禁制品の密輸をはかった。その貢使の数は,従来にくらべ数十倍に急増したため,明側が制限を加えると,エセンは49年7月威嚇のため,四手に分かれて侵攻し,みずからは大同に向かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どぼくのへん【土木の変】

中国、明の英宗が、1449年モンゴルのオイラートと戦って敗北し、河北かほくの土木堡で捕虜になった事件。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土木の変
どぼくのへん

中国、明(みん)の正統(せいとう)帝がオイラート部長エセンと1449年土木(河北省)で戦い、捕虜となった事件。1440年ごろオイラート部長となったエセンは太師淮王(たいしわいおう)と称し、元(げん)の後裔(こうえい)トクタ・ブハをハンにいただき、全モンゴルを支配し、女直(じょちょく)を抑え、貿易上の紛争から1449年、大同(山西省)を略奪した。正統帝は親征し、大同に至ったが、形勢不利とみて引き返す途中、土木でオイラート軍と戦って大敗し、帝は捕虜となった。エセンは有利な条件で送還しようとしたが、明では景泰帝をたて、正統帝を上皇としたので、エセンは怒り、進んで北京(ペキン)を包囲した。しかし明は譲らなかったのでエセンは退却し、翌年正統帝を無条件で送還した。[青木富太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土木の変の言及

【于謙】より

…宣宗のとき,御史に任官,19年間兵部右侍郎に在任し,1448年(正統13)兵部左侍郎となった。49年土木の変にて英宗がオイラートのエセンの捕虜となると,彼は南遷論など動揺する朝廷内をおさえ,英宗の弟郕王(景帝)を立て北京を死守した。翌年和議がなり,英宗は帰国した。…

【エセン】より

…39年にトゴンは死に,長子エセンは統一モンゴルの力を利して対外拡張を開始,東はウリヤンハイ三衛・女真人地区,西はハミ,モグーリスターンまでを掌握した。明とは平和通商関係を保持しようとしたが,明側が貿易制限に出たため,1449年四手に分かれて侵攻,迎撃する英宗親征軍を土木堡で大破し,英宗自身をも捕虜とした(土木の変)。翌50年英宗を送還したが,この間しだいにトクトア・ブハと対立を深め,51年これを倒し,53年みずから大元天盛大可汗(ハーン)と称して名実ともに元朝を継承する主権者たることを宣言した。…

【明】より


[北虜南倭]
 これに対し,正統帝(在位1436‐49)は王振の扇動を受けて親征に出発したが,土木堡で奇襲され,帝自身は捕虜となり,王振はじめ多数の高官が殺された。いわゆる〈土木の変〉である。このため北京は一時混乱に陥ったが,于謙らは正統帝の弟を即位させて北京の防備を固め,エセンの侵入を撃退した。…

※「土木の変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土木の変の関連キーワード張益河北省後燕東胡劉予英宗保定開灤桑乾河大仏寺(中国,河北省)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone