コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上竜山 みかみ りゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上竜山 みかみ-りゅうざん

1759-1824* 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦9年生まれ。丹波亀山藩(京都府)の藩儒柴野栗山(りつざん)の門人。松平信直から信志(のぶゆき)にいたる4代の藩主につかえた。子の休享,孫の淵も藩儒となった。文政6年12月9日死去。65歳。名は休復。通称は忠八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三上竜山の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]ハレ・ウィッテンベルク大学ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちポンバルスミートンナポリ王国細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android