コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井八郎次郎 みつい はちろうじろう

2件 の用語解説(三井八郎次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井八郎次郎 みつい-はちろうじろう

1849-1919 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)2年4月7日生まれ。三井高福(たかよし)の4男。三井南家8代。明治34年三井物産社長となり総合商社化をすすめた。大正3年シーメンス事件で辞任。美術愛好家で帝国博物館鑑査委員をつとめた。表千家流の茶人。大正8年9月30日死去。71歳。京都出身。名は高弘。号は松籟。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三井八郎次郎

没年:大正8.9.30(1919)
生年:嘉永2.4.7(1849.4.29)
明治大正期,三井惣領家8代高福の4男。母は津尾。本名を高弘。嘉永2(1849)年5月には三井南家7代高愛の養子となり,同6年に三井南家の家督を相続。明治5(1872)年に八郎次郎を襲名した。同12年には第一国立銀行取締役となり,没するまで勤めた。また明治34年には三井物産会社の社長となり,大正3(1914)年のシーメンス事件後に引責辞任している。三井家の規則改正に当たり,三井合名会社ができるとその業務執行社員となっているが,明治31年には帝国博物館鑑査委員を勤めるなど美術愛好家でもあった。<参考文献>三井文庫編『三井事業史』本編2巻

(賀川隆行)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三井八郎次郎の関連キーワード三井高福三井高保三井高棟三井高房三井高明三井高朗三井高公三井高信三井高泰三井高喜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone