コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建久新制 けんきゅうしんせい

2件 の用語解説(建久新制の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

建久新制【けんきゅうしんせい】

後鳥羽天皇後白河院の代,鎌倉政権成立後の建久2年(1191年)3月に相次いで発令された公家新制。初めに出された17条は保元新制の元年の令を継承し,新立荘園の禁止,社寺領の注進など国土統治に関する法令が多い。
→関連項目後白河天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんきゅうしんせい【建久新制】

後鳥羽天皇の建久2年(1191)3月に宣下された二つの公家新制の総称。まず22日に全17条(I令)が宣下され,6日後の28日に全36条(II令)が宣下された。I令は保元1年(1156)新制(保元新制)を継承し,新立荘園の停止,神人僧侶の濫行停止,社寺領の注進,国司吏務の励行など,全条が地方政治を含む統治権法的性格が強い。それに比してII令は保元2年新制を継承して,仏神事の興行,過差の停止,朝廷公事の精勤,京都の治安警衛など,京都の廷臣に関する法が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone