コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三兵答古知幾 さんぺいたくちいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三兵答古知幾
さんぺいたくちいき

幕末の洋学者高野長英訳述の兵術書。 27巻。嘉永3 (1852) 年成立。プロシア人ブラントの原書をオランダ人ミュルケンが訳した"Taktiek der drie wapens,infanterij,kavallerij en artillerij" (歩兵騎兵砲兵戦術) による操典。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぺいたくちき【三兵答古知幾】

高野長英が翻訳した兵書。全27巻。1847年(弘化4)稿,56年(安政3)刊。原典はプロイセンの陸軍将校ブラントの三兵戦術書の蘭訳本で,〈答古知幾〉はオランダ語の戦術taktiekの音訳。44年に脱獄して,田原藩医鈴木春山の庇護の下に江戸市中に潜伏中の長英が,春山の没後,彼の遺志を継いで翻訳を完成した。これにより歩・騎・砲の3兵科の共同による三兵戦術の体系がはじめて日本に紹介された。《高野長英全集》に所収。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

三兵答古知幾の関連キーワード万華鏡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android