コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三兵答古知幾 さんぺいたくちいき

2件 の用語解説(三兵答古知幾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三兵答古知幾
さんぺいたくちいき

幕末の洋学者高野長英訳述の兵術書。 27巻。嘉永3 (1852) 年成立。プロシア人ブラントの原書をオランダ人ミュルケンが訳した"Taktiek der drie wapens,infanterij,kavallerij en artillerij" (歩兵騎兵砲兵戦術) による操典。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぺいたくちき【三兵答古知幾】

高野長英が翻訳した兵書。全27巻。1847年(弘化4)稿,56年(安政3)刊。原典はプロイセンの陸軍将校ブラント三兵戦術書の蘭訳本で,〈答古知幾〉はオランダ語の戦術taktiekの音訳。44年に脱獄して,田原藩医鈴木春山の庇護の下に江戸市中に潜伏中の長英が,春山の没後,彼の遺志を継いで翻訳を完成した。これにより歩・騎・砲の3兵科の共同による三兵戦術の体系がはじめて日本に紹介された。《高野長英全集》に所収。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone