コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十七道品(読み)さんじゅうしちどうほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十七道品
さんじゅうしちどうほん

仏教用語。涅槃 (ねはん) に到達するための 37種の修行方法のこと。三十七品,三十七分法,三十七菩提分法ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうしちどうほん【三十七道品】

〘仏〙 最高の悟りに至るための三七の修行法。すなわち四念処・四正勤・四如意足・五根・五力・七覚支・八正道の総称。三十七覚支。三十七菩提分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android