コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十七道品 さんじゅうしちどうほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十七道品
さんじゅうしちどうほん

仏教用語。涅槃 (ねはん) に到達するための 37種の修行方法のこと。三十七品,三十七分法,三十七菩提分法ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうしちどうほん【三十七道品】

〘仏〙 最高の悟りに至るための三七の修行法。すなわち四念処・四正勤・四如意足・五根・五力・七覚支・八正道の総称。三十七覚支。三十七菩提分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三十七道品の関連キーワード悟り総称

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android