コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四念処 しねんじょ catvāri smṛtyupasthānāni

4件 の用語解説(四念処の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四念処
しねんじょ
catvāri smṛtyupasthānāni

四念住ともいう。仏教で 37種の修行を7つの部類に分けたものの第一で,この部類に属する4種の修行をさす。念処とは記憶をとどめおくことで,真剣な思いを意味する。 (1) 肉体の不浄 (身念処) ,(2) 感覚の苦 (受念処) ,(3) 心の無常 (心念処) ,(4) 法の無我 (法念処) に思いを凝らす観法。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐ねんじょ【四念処】

仏語。三十七道品(ほん)の最初の修行法。身を不浄とする身念処、感受するものすべて苦とする受念処、心は無常とする心念処、法は無我であるとする法念処の四つをいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しねんじょ【四念処】

〘仏〙 身念処・受念処・心念処・法念処の総称。それぞれの身は汚らわしく、苦であり、常に移ろいゆき、本質をもたない仮の姿であると観ずるに至る修行法。四念住。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四念処
しねんじょ

原始仏教経典に説かれた4種の観察法をいう。4種とは、(1)身念処(自己と他人の肉体が不浄(ふじょう)であると観察すること)、(2)受念処(もろもろの感受作用は苦であると観察すること)、(3)心念処(もろもろの心作用は苦であると観察すること)、(4)法念処(すべての存在物は自分のものと執着(しゅうじゃく)すべき実体がないと観察すること)をいう。[坂部 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四念処の関連キーワード加行三十七道品師家学地七情修行者閼伽灌頂座禅タイの仏教十界修行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone