コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅凰白 みやけ こうはく

美術人名辞典の解説

三宅凰白

日本画家。京都生。京美校卒。山元春挙に師事。日展特選依嘱。山水花鳥を得意とする。昭和32年(1957)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅凰白 みやけ-こうはく

1893-1957 大正-昭和時代の日本画家。
明治26年5月2日生まれ。三宅呉暁(ごぎょう)の次男。山元春挙に師事。昭和5年「花旦」が帝展特選。春挙の没後は画塾早苗会の幹事となり,のち耕人社を結成した。11年から24年まで母校京都市立絵画専門学校の助教授。昭和32年2月26日死去。63歳。京都出身。本名は清一

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三宅凰白の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android